登頂レポート「乗鞍ヒルクライム」 x 「MIYATA CRUISE」

登頂レポート「乗鞍ヒルクライム」 x 「MIYATA CRUISE」

 

「乗鞍ヒルクライム」 x 「MIYATA CRUISE」実際に走ってきました!

1週間前の予報では、5/21(日)をはさみ「雨」模様。

これは、中止か?

と誰もが思っていましたが、なんとか悪運強く天候が良くなってきました。

当日の集合は、朝の4時。

なんとか、起きることができました。

順調に、現地到着

ゲート前駐車場で準備をして、8時ごろスタートしました。

前日までにみんなにそそのかされた?結果、

無謀にも、「普段の仕事着+ウインドブレーカー」という乗鞍の神様に叱られそうな(なめた)スタイルでチャレンジすることになりました。

普通のスニーカー(当然、ビンディングではありません)

普通のロンT(スポーツ用ではありません)

普通のジーンズ(レーパンなし。パッドもありません)

ヘルメット

冬のグローブ

500mlペットボトル1本(普通のポカリスウェットです)

です。

夫婦松までの序盤の辛い坂

、、、らしいのですが、

HIGHモードで、ガンガン漕いでみたら、楽勝~な感じが!!

これは、いける!!

(嫌味にも=笑)ちょっと下って、辛そうなメンバを励ましたりもしてみました。

しかし!!!

 

すでにここまでで、バッテリー16%消費です。

ちょっと待て!このペースで山頂まで持つのか?

二ノ瀬峠データにもとづいた推測と大きく違うぞ!

、、、と、ちょっと冷や汗が。

ちょっと、お遊びは控えめにして、まじめに山頂を目指そう!と思いました。

 

雪の壁

途中、ちょこちょこ写真撮影をしながら

だんだんと、寒くなってまいりました。

森林限界を超えると、遮るものが急になくなり、時折、ものすごい突風と寒さとの闘いです!

 

やりました!登頂成功です

寒さに耐えながら、なんとか山頂です。

山頂は、マイナス3度の世界。

 


雪の壁の中長野県側のゲートを確認しに行くと、まだ開いていませんでした。

結果

すべてHIGHモードで、

バッテリー残量は、29%

でした。

バッテリーが最後まで、もってよかったです。

時間的には、撮影しながらのユルクライムのわりには

2時間と少しでしょうか。

 

私はやらないですが、だれかタイムアタックしてみます?(笑

 

しかし、寒い!
モーレツに寒い!

天ぷらうどんで少し温まりました。

体力

自転車

は、まったく問題ありませんが、

寒さ対策をお忘れなく!

というところです。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

感じてみようカテゴリの最新記事